上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほど美味しい中国茶の差し入れをいただきました♪

お茶の名前は「鉄観音」。

普段はハーブティーを飲むことが多いわたくし。

中華料理を食べた時に茶葉で淹れた烏龍茶に
感動したのが記憶に新しいのですが、

この鉄観音・・・

すごいです!


何がすごいって香りと味のギャップが。

香りは、フルーティでもあり、花のような香りが楽しめます。
結構好きなにおい(*^Д^*)

そして味は緑茶のような烏龍茶のような、、、
さっぱりとしながらも濃く、うま味があります。

飲んだ後の鼻に抜ける香りもまたステキ。
蘭を口の中に!って花を口に含んだことはないですが(笑)

鉄観音

知らないものに出会うとすぐ調べる癖(笑)

今回もウィキペディアさんにお世話になりました!
-----------------------------------------
概要

原料茶葉は、通常は鉄観音というチャノキの園芸品種から収穫される。鉄観音は福建省の安渓県で生まれた園芸品種で、台湾には清朝末期の光緒帝の時代に張迺乾兄弟が安渓から茶樹と製法を持ち帰ったとされる。著名な銘柄ではあるが、生産量は烏龍茶全体の5%しかない。半発酵茶の青茶の一種なので、茶葉自身の酸化酵素による発酵をある程度行わせた後、炒って発酵を止め、揉捻と呼ばれる茶葉を揉む工程や焙煎乾燥を経て製造される。強い揉捻によって、茶葉が丸まって、表面は鉄のような、あるいは油を塗ったような光沢を帯びるのが特徴である。

味は芳醇で濃いが、後味は甘い。香りは甘く清香で、蜜の香りやランやキンモクセイといった花の香り、水蜜桃の香りに例えられる。抽出された茶の色(水色)は、黄金色ないし明るい杏色である。

便秘や冷え症の解消に効果があるとも言われる。

-----------------------------------------
-引用-
「"鉄観音"」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より

なるほどー

半発酵のお茶初体験でした♪
ごちそう様です!

行木

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。